#Girlboss - ガールボス 英語本レビュー

今年2018年における英語関連目標について、以前書いた記事から1ヶ月半経ちましたが、 ようやく1冊の本を読み終えました!

「#Girlboss - ガールボス」概要

ファッション通販 「Nasty Gal」の創設者で現在33歳のSophia Amorusoさんが2015年に書いた本。 自身の成功ストーリーと経営者としての思いをつづった自叙伝、今の時代を生きる若い女性に向けた本です。

#Girlboss

#Girlboss

私の大好きなアメリカ人とイギリス人のYouTuberさんたちが、大絶賛してた本なので、 ずっと気になっていました。

多くのヤングセレブや女優たちも絶賛したこともあってベストセラーになった本です。

ちなみに日本語版もあるので、こちらで読んだことある人は多いのかな?

#GIRLBOSS(ガールボス) 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話

#GIRLBOSS(ガールボス) 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話

ちなみに、マイ・インターン(The Intern)、ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ主演の映画は、 このソフィアさんの話からいくつかアイデアを得たと言われています。
この映画も大好き。
途中アンハサウェイを思い浮かべながら読んでました(笑)

「#Girlboss - ガールボス」で学んだこと

本の中から印象的だったところを引用して行きます。
まずは、#Girlbossとはなんぞや?と言うことから。

A #GIRLBOSS is someone who's in charge of her own life.

文字通りですが、自分が自分の人生のボスになれと言う意味です。

As a #GIRLBOSS, you take control and accept responsibility.

自分の人生をコントロールして、責任を受け入れること、とも言っています。

Don't ever grow up.
Don't become a bore.
Don't ever let the Man get to you.

大人にならないで。
退屈にならないで。
男のことなんて(他の人のことなんて)気にするな。
最初の3つのアドバイスとして書かれていたこと。

As hard as it is, stop caring so much about what other people think.
Find a way to hear what you want. Recognize what is your dream.
And then put everything you have into that: your work, the relationships you surround yourself with, the food you put in your body.

全ては、自分でコントロールできるとアドバイスしています。
あなたの世界で自分が支配できると。

If you’re working, you’re working hard, and if you’re not doing that, what are you doing?

この一文好きですね。
仕事しているなら、一生懸命働きなさい!仕事していないんだったら、あなたは一体何をしているの・・? 仕事が好きな人なら誰もが頷ける一文。

My advice to #GIRLBOSS is to get excited about the mistakes you'll make.

自分の失敗を楽しもう、ともアドバイスしています。
自分のことを大切にしなければ、誰もそんなあなたを大切にしてくれない、失敗しても誰かの許しは必要ない、 自分が自分を許してあげればいいんじゃない?という私なりの解釈です。

Confidence is more attractive than anything you could put on your body.

「自信」を身につけているのはとても魅力的(どんな服よりもね!)
かっこいい。
自分に自信のある女性って、やっぱり側からわかりますからね。 自信と言うオーラを身につけられるように、頑張って働いて、学んで、自信をつけて行こうと思いました。

You create the world, blink by blink. It is entirely yours to discover and yours to create.

あなたが世界を創ることができるよ。自分の人生はあなたのもの。
blink by blink ってここではどう言う意味なんだろう。
little by littleと同義かな?

あなたが、 一瞬、一瞬、自分の人生を創っていくのよ!(意訳)

同じようなことを繰り返しアドバイスしていますが、あなたの人生は、 他の誰にも支配されるべきでないと言っていますね。

ともかく、読んでて元気が出てきて、日々懸命に働こうと思いました。 自分の人生にワクワクしてくる本です。

そして、ファッションに関しても、元気が出ないときはファッションに力を借りようってくだりも、 ソフィアさんらしい。
女性だもんね、おしゃれも楽しまないと!

「#Girlboss - ガールボス」の著者について

本を読んでいる途中で、彼女の現在と「Nasty Gal」が気になって、調べててわかったこと。

  • 『フォーブス誌』の「30歳未満で最も影響力が大きいファッション・リーダー30人」に選出(若い女性からカリスマとして仰がれる)
  • 2015年CEOから会長へ退く
  • 2016年離婚(1年の短い結婚期間)
  • 2016年11月経営再建のために破たん申告(イギリスの企業が買収し、現在も『NastyGal』の名前でウェブ・サイト自体は存続)
  • 2017年4月Netflixで『#Girlboss』の本を原作としたドラマが公開

かなり波乱万丈な人生!
一気に頂点へと駆けあがって成功者になるも、突如として危機に直面してしまったようです。

でもこんな素敵な自叙伝を書く彼女の将来は応援して行きたい。
今後の彼女がどうなっていくのかはとても楽しみ。

「#Girlboss - ガールボス」おまけ

ちなみに英語本を読むのには、Kindleは超おすすめ。

わからない単語も、タップすればすぐに意味がわかるし、気に入った一文はハイライトしておけば、 ちゃんとストックして置いてくれるので、あとでその部分だけ読み返したいときにはとっても便利。

あとはとにかく軽いし薄いので、いつでもどこでもバックに入れて、通勤、お出かけの時に持って行きます。

さて、次は何読もうかな。