席どうぞ!とっさに使える英語簡単フレーズ

f:id:gtammy:20190425172453j:plain

先日電車の中で、赤ちゃんを抱えている白人のママに誰も席を譲らないと言う、なんとも切ない光景に出くわしました。

英語わからないから席譲れなかったのかな?
英語話すの恥ずかしいのかな?

片言の英語でも、ジェスチャーだけでも伝わるのに・・・!
となんとも歯がゆい思いをしたので、簡単英語フレーズまとめました。

海外からの観光客がますます増えていく日本。
日本でいい思い出を残して母国に帰っていってほしいですよね。

簡単英語フレーズなので、ぜひ覚えて使って見てください!

スポンサーリンク

「席どうぞ」英語で言うと? - 自分の席を譲る場合

自分が座っている席を立って、相手に譲る場合。

Please take my seat.
(私の)席どうぞ。

  • seat
  • 発音 síːt (シートゥ)
  • 席、座席

「席どうぞ」英語で言うと? - 空いている席を勧める場合

空いている席に座ってほしい場合。
have/ takeどちらでも同じ意味ですが、haveの方が感覚的に丁寧な感じがするので、 仕事場ではhaveの方がよく使われます。

Please have a seat.
どうぞ座ってください。

Please take a seat.
どうぞ座ってください。

「席どうぞ」英語で言うと? - Please以外の丁寧表現

Pleaseを使ったフレーズは覚えやすいので、とっさの一言としては便利ですが、 Please以外の表現も職場ではよく使います。

You may have a seat.
どうぞお座りになって下さい。

「席どうぞ」英語で言うと? - sit downはNG?

sit downは命令するときに使うイメージですが、Pleaseを文頭につければ、 失礼には当たりません。

自分はあまり使いませんが、とにかく「sit down」しか思い浮かばない!ってときは、 Pleaseをつけて使いましょう。

Please sit down.
どうぞ座って下さい。

中学の英語のクラスの始まりに、 先生に英語で挨拶した後、先生が、「Please sit down.」と言っていたのを思い出します。

中学英語で習う基本なので、覚えている人も多いかと思います。
ぜひ覚えて使って見てください!